モニスタットは膣カンジダ(カンジタ膣炎)のかゆみ・かぶれ・炎症に医師が勧める市販薬

カンジダ膣炎の日頃からの予防

カンジタ膣炎にかかる女性が多いのは、原因となるカンジダ菌が膣内に常在しているからなんですよね。でも、健康な状態であればこのカンジダ菌は拮抗している善玉菌によって、悪さをすることはできない状態になってます。

このカンジダ菌が悪さをしでかすと女性だとカンジダ膣炎となることが多いんです。

ただしカンジダ菌は膣内だけに常在している菌な訳ではなく、口の中や消化器官の中など、体のあちこちに常在していますから、どこで悪さをしでかすかはその人次第な部分が大きいです。

カンジダ菌はカビの一種ですから、高温多湿なところが大好きです。女性の膣内なんてもっとも住みよい場所かもしれません。ただ膣内は健康な状態であれば酸性の状態ですから、カンジダ菌は一定数以上に増えることはできません。

このカンジダ菌が増えてしまうのには訳があり、その訳というのにはいくつかあります。風邪などをひいて体調を崩している時や抗生物質を服用している時、妊娠している時などがその訳といえます。ただ裏を返せば、そういう風にならないように注意を怠らなければカンジダ膣炎の予防は可能ともいえますね。

妊娠や抗生物質は致し方ないことですが、体調を崩さないというのは日頃の体調管理でどうとでもできます。日頃からきちんと体調管理を行い、意識的に健康な状態を保つ努力をすれば、カンジダ膣炎にならなくて済みますし、予防をすることもできますので、日頃からしっかりと体調管理を行うようにしましょう。

CONTENT

HOMEへ戻る