モニスタットは膣カンジダ(カンジタ膣炎)のかゆみ・かぶれ・炎症に医師が勧める市販薬

カンジタ膣炎にならないために

おりものの異常を起こす病気の中で、最もポピュラーなものにカンジタ膣炎があります。これは感染症なんですが、性感染症ではなく、性行為がなくて全くなくても発症するのが特徴といえます。なので、性交渉の経験のない女性でも発症する可能性は十分にあります。

カンジタ膣炎は、膣内の常在菌であるカビの一種のカンジタ菌が原因で発症する病気です。健康な状態であれば発症する可能性は低いのですが、抵抗力が落ちている時や妊娠している時、抗生物質による治療を受けた時などは感染しやすくなりますので注意が必要です。

カンジタ膣炎の主な症状はおりものの異常と外陰部や膣内の痒みです。

おりものはヨーグルト状になったり、ポソポソとしたカスのような状態になったり、白色や黄色っぽく変色したりと割と特徴的です。外陰部の痒みは酷くなるとヒリヒリとした状態になることもあります。

もともと膣内に常在している菌が原因になりますが、健康な状態であれば拮抗する菌が、カンジタ菌が異常増殖することないように抑えてくれてます。でも、一度、過度のストレスや体調を崩したりすると菌のバランスが崩れてしまい、感染しやすい状態に陥ってしまいます。

カンジタ膣炎には女性なら年齢に関係なく誰もが感染する可能性があります。でも、同時に健康管理にさえ気を付けていれば十分に予防が可能なものでもあります。カンジタ膣炎にならないためにも体調管理だけはしっかりとしましょう。

CONTENT

HOMEへ戻る